Lightweight Blog

cyber1991.exblog.jp ブログトップ

濃い舞台

今日は雪だったので
1日家に引き篭もって「天保十二年のシェイクスピア」のDVDを観てました。

初めての蜷川幸雄作品です。
素直で大雑把な感想・・・

「濃いっ!」

豪華な出演陣、豪華な舞台セット、休憩含めて4時間の長丁場な上演時間
しかも内容は、「リア王」「ロミオとジュリエット」「リチャード三世」「ハムレット」などの
有名な作品を含めた、シェイクスピア全作品の名場面を網羅しています。
なんか「背アブラたっぷりの濃厚豚骨ラーメン特盛」って感じで
観終わった後は、もう「お腹一杯でくるし~」でした^^;

で、素直で細かな感想・・・
蜷川幸雄は「シェイクスピアをぶっ壊す」をコンセプトにしていたようです。
つまりは
「上品で高貴なイメージのシェイクスピア」

「下品で庶民的なイメージのシェイクスピア」
にしてやろうと。
なので、舞台は下総の国の清滝村というド田舎。
(って、ウチの近所ぢゃん!田舎で悪かったね、蜷川君)
その村の2軒の元締めの間の抗争を軸に、色々シェイクスピアなストーリー(名場面)が
展開していきます。

つーか、言いたい事は分かるんだけど、全体的に下品な演出に振り過ぎじゃないっすか?
やたら女郎相手に腰振る場面も多いし・・・^^;
「貴族も庶民もヤルこた一緒だよ」と言いたいのかもしれないけど
下品と色気は意味が違うんじゃない?

何となく粗野で大雑把な世界が展開されて、観てて少し疲れました。
演劇界の大御所である蜷川幸雄作品を観て
「シェイクスピアをぶっ壊す」
どころか
「シェイクスピアに対する強いコンプレックス」
を感じてしまう私は、まだまだ観劇初心者なんでしょうか?

でもって、一番期待してた毬谷友子さんの出番少なかったです(シクシク)
しかも、まともに歌う場面も無いし・・・
なんで出演者の中で一番歌唱力の有る人を歌わせないかなぁ?なんかガッカリ。

あ、また長々と書いてしまった・・・^^;

まとめると
先日観た野田秀樹演出は、観る側の想像力も使ってシンプルに創っているのに対して
蜷川幸雄演出は、「これが全てだ」と言わんばかりに考えを投げつけられる感じでした。
観る人によって好みも感じ方も違うでしょうけど
私はこの作品、ちょっと苦手かも・・・
[PR]
by hiro-kousaka | 2006-01-21 22:11 | 舞台演劇
line

|・ω・)つ 銀塩再起動中


by hiro-kousaka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30