Lightweight Blog

cyber1991.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:銀塩カメラ( 127 )

ニコンFE

f0009439_22574545.jpg
銀カメ2台目・・・
長年使用していなかったが、各部清掃&モルト張替で参戦OKな状態に復活。
電池切れでミラーがアップしたままの状態も、電池交換で何事も無かったかの様に軽快にシャッターが切れます。
この頃のニコンはホント丈夫です。
それなのに最近のニコンの品質の低さと企画のつまらなさと言ったら・・・どーしてしまったのでしょうね?
もうすぐレトロデザインのフルサイズが出るらしいですが、オリンパスやフジの成功を真似たところで・・・あーあー。

ニコンFEは川崎のクラカメ屋で店員さんと話し込んでいた時にその話題が出て、そのまま復活を決意しました。
フォクトレンダーと比べれば露出計も距離計も付いていて、その使い勝手は雲泥の差。
露出計もiPhoneアプリと数値比較しても差異が無かったので問題無さげです。
もっとも絞り優先AEは使わないで、フルマニュアルで撮ると思いますが。
面倒と分かっていてもAEやAFに頼らないで丁寧に撮影したい・・・そんな気分なんです。
まあ、Ai 50mm/F1.4を活かすなら距離計が無いと厳しいけどね。
F1.4開放を目測で焦点合わせる自信なんてありませーん!(^^;
とりあえず、FEで撮影はフォクトレンダーに装填した36枚撮りフィルム仕留めてからかな・・・

iPhone5
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-11-02 23:18 | 銀塩カメラ

フォクトレンダーテストショット3

f0009439_01259.jpg

f0009439_012186.jpg

f0009439_014343.jpg
ヨイではないか!ヨイではないか!(^^

Voigtlander Vito B COLOR-SKOPAR 50mm/F3.5
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-30 00:05 | 銀塩カメラ

フォクトレンダーテストショット2

f0009439_23304459.jpg
これは暗いガード下をヤケクソの絞り開放で撮影した物。
ピントが自分の目測よりも手前に来てしまいましたorz
プリントした物ではライカとタメ張れるんじゃない?って位の素晴らしいボケ味なのですが
ナゼかデジタルデータ化した物はイマイチで・・・
結局、デジタルとアナログは根本的な所が違うんでしょうね。
それにしても距離計欲しいなぁ・・・フォクトレンダー純正が銀座の中古屋で2万円だったけど、高くて手が出ません。

そー言えば現像に出したお店でオリンパスペンEEが1800円で売ってたんですよね。
詳しくは聞かなかったけど、見た目の状態は結構良さ気でしたよ。
私はここでクラカメ増やしたら泥沼化しそうなので、ぐっと堪えて買いませんでしたが(^^;

Voigtlander Vito B COLOR-SKOPAR 50mm/F3.5
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-28 00:00 | 銀塩カメラ

フォクトレンダーテストショット

f0009439_19234689.jpg
Voigtlander Vito Bで撮影したフィルムが上がってきました。
コントラストは強めな感じで、解像度は十分です。
もちろん最新のデジカメ、特にDPメリルと比較してはいけませんが、これは60年前のカメラ。
半世紀以上前の光学性能を体感出来た事が私的には非常に重要なのです。
f0009439_19351016.jpg
こちらは露出オーバー覚悟で撮影した日本丸。
ネガフィルムの性能に助けられていますね、これがポジだったら完璧アウトだったと思います(^^;
f0009439_1943191.jpg
こちらは曇りの日に銀座で撮影したもの。
ふむふむ、光の加減で随分と印象が変わってくるものですね。
ちなみに4月で閉鎖されたと思っていた三原地下道、今でも通行可能なんですね。
しかも、定食屋の1軒は今でも営業していました。
f0009439_19524154.jpg

f0009439_19544764.jpg

f0009439_195535100.jpg

f0009439_1955549.jpg
今回は現像と同時にCDにデータ化してもらった物を使用して、リサイズ以外ノーレタッチです。
ただ、データ化した画像は全体的に弱オーバー気味ですが、プリントした物は適正でかなりイイ感じでした。
結局の所、銀塩は印画紙に焼き付けてナンボなのかもしれません。
それと予想はしていたのですが、パララックスはありますね。
実は1枚だけここにはまだ載せていませんが、失敗覚悟で絞り開放で撮影したものがあります。
これが・・・また・・・素晴らし過ぎるボケ味でして(ノ∀`)
流石は名玉COLOR-SKOPAR。
惜しむらくはシャッタースピードが遅過ぎて、開放で撮れるシーンが少ない事か・・・後は目測ピントを合わせるのも・・・
どちらにしてもWEB掲載用にはプリントに近づけるある程度のレタッチは必要な様ですね。
うーん、銀塩は超久々だったけど、ファインダー覗いて撮影するのも、現像が出来上がるのを待つのも
何かすっげー楽しかったです、はい。
常用には向かないけど、趣味として月にフィルム1本位のペースで撮影出来れば良いかも。

Voigtlander Vito B COLOR-SKOPAR 50mm/F3.5
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-27 20:43 | 銀塩カメラ

そして今日も雨・・・

f0009439_029486.jpg
此処の所お休みは雨ばかりで、未だフォクトレンダーに装填したフィルムは消費し切れずorz
このカメラについて色々調べてみると、日本のサイトではビトーB前期型のファインダーが小さい通称小窓と呼ばれるタイプはレンズのF値、搭載されているシャッターの種類によって3種類あると書かれていました。
が、私のレンズがF3.5、最高シャッタースピードが1/250に該当する物が見つけられず、どうも変だと海外のサイトまで検索を広げた・・・ら
ありました、ありました、レンズのF値、搭載シャッター、EVスケールの有無によって全部で8種類。
下のリストがそれになります。
f0009439_0403447.jpg
私の物はColor-Skopar 3.5/50のシャッターはProntoの低速シャッターを省いた最高で1/250、EVスケールは無しなので、このリストでは上から2番目のTYPE126/91と言う廉価モデルになります。
実はこれを購入する時、低速シャッターも切れるProntor-SVS搭載モデルもあったのですが、何分古いカメラなので
なるべくシンプルでトラブルの発生し難そうな方をあえて選びました。
f0009439_0502776.jpg
そんでもってレンズに記載されているシリアルナンバーが4812289なので、1959年製造と分かります・・・が
別の本家ドイツのサイトの情報ではアイピースの形状は54年-55年製造の物と合致すると言う矛盾が生じています。
まあ、何十年も昔のカメラですから、今までどんな扱いを受けたか分からないですし、そこら辺を勝手に想像するのも楽しいのではないかと。
つーか、ライカやツァイスの高級機ならともかく、こんな大衆機でもこれだけ情報が出てくるって、ネットって便利だねー。

SIGMA DP2 Merrill
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-21 01:14 | 銀塩カメラ

フォクトレンダーテスト・・・失敗orz

f0009439_20562966.jpg
今日は横浜で展示している帆船日本丸の帆を広げる日。
これ幸いとフォクトレンダービトーBのテスト撮影に行ってきました。

が・・・雲一つ無いピーカンの空の下でiPhoneアプリの露出計の出した数値は無情にもF16のSS1/500 orz
電子部品を全く使わない純粋な機械カメラのビトーBの最高シャッタースピードは1/250。
買って早くフィルムを装填したくて、何も考えずにISO400のフィルムにしたのが敗因か・・・
このままでは完全に露出オーバーで、しかも60年前のレンズシャッターが正確な数値とは思えないので
たとえ適正にセットしてもオーバーする可能性が・・・
つー訳で、2、3カット失敗覚悟で撮影しただけで、残りは一応持ってきてたDP1sで撮影したのでしたorz
まあ、その好天のお陰でDP1sでもF8まで絞りこんで撮影出来たので良しとします。
DP2Mの圧倒的な解像度も良いけど、旧DPの滲むような発色と表現力はメリルシリーズとまた違った良さですね。

それにしても、イベント日だったのでカメラ持って撮影してる人が一杯いました。
フルサイズ一眼からミラーレス、コンデジ、スマホ、色んな人がいたんですが銀塩は私だけ・・・と思ったら
ハッセルブラッドでガッツリ撮影してる人がいましたよ(^^;
露出を測って、距離を目測して、数値を合わせて、ファインダーを覗いてじっくり撮影するのって楽しい~!
1枚1枚丁寧に向き合って撮影するって何か贅沢で豊かな感じがします。
今のデジカメでは如何に楽して撮影してるのかと痛感してしまいました。

ところで、DP1sのExifデータ見たらISO100、F8、SS1/400・・・やっぱ100のフィルムにすれば良かったorz
早くCOLOR-SKOPARの写りが見たいので、次こそはリベンジしたいと思います。
何かフィルムスキャナーも欲しくなってきた・・・

SIGMA DP1s
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-14 21:36 | 銀塩カメラ

日々徒然131009-11

f0009439_22594042.jpg
ついつい(ノ∀`)
ミラーレス+オールドレンズを色々調べている内に見つけてしまった、1954年西ドイツ製フォクトレンダー ビトーB
レンズは今でもコシナ製でその名の残る名玉COLOR-SKOPAR 50mmF3.5。
露出計・・・付いてません。
距離計・・・付いてません、目測です、しかもフィート表示。
とりあえず露出に関してはiPhoneの露出計アプリで対応。
フィートの目測焦点調整は、まあ何とかなるでしょ!仕事でもフィート表示は使うし。

私の個体はレンズもファインダーもクリアで、特にボディが60年前のカメラとは思えない程キレイで
しかも値段がトイデジカメ並だったので、見つけた瞬間に購入していました(^^;
とは言えドイツ製の本物のフォクトレンダー、手に取った時のズシっとくる凝縮された精密機械感は
今時の高級デジカメでは味わえい喜びを感じてしまいます。
COLOR-SKOPARは人によってはツァイス・テッサーよりも鋭い切れ味と評価する人もいるので
どんな写りするのか楽しみ。
つーか、久々にフィルム買って装填する瞬間、なんかすっげーワクワクしたんだよなー。
後はちゃんと写るか撮影者の腕次第。
すっかりAE、AFに慣れてしまった身にはかなり手強い相手かもしれません・・・実はそれが一番の問題orz

SIGMA DP2 Merrill
[PR]
by hiro-kousaka | 2013-10-09 23:04 | 銀塩カメラ
line

|・ω・)つ 銀塩再起動中


by hiro-kousaka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31