Lightweight Blog

cyber1991.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

これってどーなの?

昨日のブログで「自転車好きの元国土交通大臣って、何か親近感あって良くないっすか?」
と、書いたのはイイんですが
谷垣氏のHPを見てみた・・・ら

f0009439_1962935.jpg「一緒に移っている・・・」(´・ω・`)?
(ツッこむな!)

ではなく
「自転車は本人のものではありません」
「本人のものではありません」
「ものではありません」
「ありません」
って・・・
(;´Д`) ェェェェェェエエエエエ!!!!

ちなみにBICYCLE NAVIの記事の文章では
「現在の愛車はイタリアンブランド、デローザのロードバイク・・・」
と、書かれていて、一緒にデローザが移って・・・じゃなく写ってたら御本人の物って思うのが普通じゃないっすか。
演出用に用意したデローザなんて1行も書いてありゃしませんがな。
これって読者に対しても、取材に応じてくれた谷垣氏に対してもシツレイじゃないっすかね。
こーなってくると、他に紹介されている人の自転車もウソ臭くなりますYOっと。

そんな気取った文章書く前に
マスコミとして情報を正確に伝える使命てのをもっと考えた方がイイっすよ>二玄社さん

それにしても、御自身のHPで「自分のチャリじゃないよ」と注意書きされているところを見ると
取材を受けた御本人も納得いかなかったんじゃないかなぁ?
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-26 19:33 | 自転車

ヲマケ

f0009439_1449953.jpg昨今の自転車ブームの影響で、各出版社から色々な自転車雑誌が出ています。
私も一時期は発売される度に買ってたんですが、最近ではどの雑誌も記事がマンネリ化しているので、殆ど立ち読み程度しかしてませんでした。
もっと、車種毎のインプレッションとか掘り下げてくれると興味あるんですけど。
それか、もっと個人に焦点を絞って、どんな乗り方やいじり方をしているか紹介してくれれば参考にもなるんですが。
どの雑誌もファッションだとか、何処其処へ輪行しましたとか、今更、パンク修理やブレーキ調整の基本メンテナンス特集されても・・・
いや、メンテナンスに関しては重要ですが、やる人はやるけど、やらない人は絶対にやらないですもんね。
自分の命を預ける物に無関心ってどーかと思いますが。

f0009439_15322458.jpgと、言いつつ、ヲマケに釣られてBICYCLE NAVI買っちゃいました。
orz ヲマケニヨワイワタシッテ
でも、35ページに出てた衆議院議員の谷垣禎一氏(元財務・国土交通大臣)のデローザの紹介記事は良かったっす。
自転車好きの元国土交通大臣って、何か親近感あって良くないっすか?
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-25 15:25 | 自転車

DS

f0009439_0201421.jpgと、言えば
最近のナウでヤングな若者から、おっちゃん、おばちゃん、子供まで、連想するのはニンテンドー。
つー訳で、マンション前のコインパーキングにナゼか止まっていたDSっす。

え?ニンテンドーじゃない?
そーっすね(アッサリ)
かなり気合を入れないと維持出来ない車が、さり気なく止まっていたので携帯でパチリ。
シトロエンDS、ちょっと運転してみたいっす。
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-23 00:33 |

日々徒然

f0009439_0441830.jpg中野の街をてくてく歩いていて、突然現れた看板「みため」。
最初「みたよ」と読んでしまい、「奥様見ましたわYO」と何処ぞの家政婦を思いだしたかはさておき
この看板って何のお店だっけ?
確か居酒屋だった様な気が・・・
看板のインパクトが本業に悪影響してるかもかも(^^;
ところでこの二差路、何か良くないっすか?
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-22 00:58 | その他

226

f0009439_21171472.jpg此処は新宿に程近い、閑静な住宅街の中にある小劇場「中野ザ・ポケット」。
此処に劇団弾丸MAMAERのデマゴギー226を観に行ってまいりました。

タイトルの通り元ネタはかの昭和11年2月26日の雪降る東京で起きた、陸軍青年将校の決起事件「226事件」です。
ストーリーは、実は首相にソックリさんの秘書官を殺して首相を殺したと勘違いした決起部隊と、実は隠密に生きていた首相と、その首相を官邸の女中部屋の押入れに必死で匿う女中と、実は首相救出の為に乗り込んできた憲兵達の、誰を信じていいのか判らない探り合いから来るデマが飛び交う
視点を変えた喜劇仕立ての展開となっています。
喜劇とは言っても、開演早々に展開する226事件の襲撃シーンは映画やTVドラマでは味わえない、生の演技の生の迫力があって、のっけから舞台上に釘付けでした。

f0009439_21372024.jpgこの手の映画では「226」や「男たちの大和」など、戦争を扱った映画は一杯ありますが、「戦争の現実を伝える」と言う割にはちゃっかりイケメン俳優を据えてヒロイックに作っちゃう事が多いのと、それを見る視点が常に同じで、娯楽作品としては兎も角、愚かな歴史を後世に伝えるには全くもって力不足だと思っています。
今回のこの作品は決して決起部隊を英雄視する事も、蔑視する事も無く、怒りと狂気に満ち溢れた極限状態でも人違いを起こしてしまう実話を元にしています(この話はほぼ実話)
少なくとも、救出に来た憲兵や、隠れている首相や、それを匿う女中をメインに据えるなんて、日本映画ではやらんでしょうね。
その視点を変える事で、決起部隊の一兵士の抱える苦悩と首相の抱える苦悩のギャップや、決起部隊にほだされて、救出に来たはずが首相は生きているとバラしてしまう憲兵など、この事件の事実や滑稽さを丁寧に表現していました。
そんな脚本も素晴らしかったですが、出ている俳優さん達が皆さん素晴らしかった。
実は真面目なストーリーでありながらコメディでもある緩急のある話を演じるのは凄い事だと思います。
てゆーか、あー言う表現手段を持つ人ってちょっと羨ましいですよね。

上演時間は2時間ちょっとですが、舞台にぐいぐい引き込まれてあっという間の時間でした。
ホント面白いです、この作品。
う~ん、もう2、3回観たいなぁ・・・
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-19 22:20 | 舞台演劇

ARIONE TRI2 K:IUM

f0009439_20171821.jpg先日、購入したfi'zi:kのARIONE TRI2 K:IUMを取り付けて、軽く30km程試走してきました。

ARIONEと言えば、ロードバイクにお乗りの方に圧倒的に支持されている人気商品。
今回のARIONE TRI2 K:IUMはそれをトライアスロン用にクッションを厚めにしたモデルです。
ちなみにK:IUM(キウム)は高い割合でシリコンとクロムを含む新しい合金を使用したシートレールの事で、軽さと強度に優れ、ショックアブソーバー効果も高いんだそーな。

それはさておき、感想ですが「非常にイイ!」っす(^^
全長30cmの長めの本体は、適当に取り付けただけのセッティングも何もしていない状態でも非常にポジションが取りやすいです。
割と細見のデザインなんで、骨盤がはみ出て負担掛るかな?とも思ったんですが、サイドのアール部分にも適度にクッションが効いていて、30km程度ではレーパンもパット付きインナーもいらない位快適でした。
そりゃ、見た目とは裏腹に、F20‐Rの純正サドルよりも座面が広くてクッションも厚いんですから。

で、それよりも驚いたのが「ペダリングのし易さ」。
漕ぎやすいんですよ、凄く。
何の引っ掛かり感も無く、効率的に足が回せる感じでしょうか、サドルによってこんなに違うなんて正直ビックリです。
素人の私でも違いが解るんですから、こりゃ人気あって当然ですね。

正直、ちょっとお高い買い物でしたし、ホームセンターでママチャリが買えてしまう値段でサドル1個と言うのは、一般の人々から見たら理解し難いかもしれません。
でも、「ケツが痛くて走れません」では、どんなにイイ自転車でも意味が無くなっちゃいますもんね。
走ってナンボの自転車趣味なら、長距離を快適に走りたいもんです。
そー言う意味では、凄くイイ買い物でした。

※お約束の注意事項
サドルは個人個人で合う合わないが違ってきますので
↑の話は参考程度でお願いします(^^;
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-19 00:23 | 自転車

えへ

f0009439_21381160.jpgえへへへへ(^^ゞ
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-15 21:40 | 自転車

ジムニーコーティング

f0009439_21365440.jpg普段、殆ど放置状態のジムニーが埃まみれの泥まみれの花粉まみれだったので、徹底洗車した後にコーティングをかけました。
なーんて、コーティングなんてのはウソで、クリンビューのイオンコート7ヶ月タイプを2日にかけて複数回塗っただけなんですが。
実はこの方法、前のCR-Xで散々色んなWAXやコーティング剤を試した結果の結論で
イオンコートの薄塗り&拭き取りを複数回に分けて繰り返し、厚い皮膜を形成しながらも、ムラを抑えています。
コツは1回に塗るイオンコートを出来る限り薄く塗る事。
だいたい初日に2回塗り、乾燥硬化させて2日目も同じ作業を繰り返します。
2日目作業の際はエアブロアやコンプレッサーで一晩分の埃を飛ばしてから作業すると
尚Goodです。
兎に角、超メンドクサイ方法ですが、CR-Xは15年たった塗装でもクリア層は抜けませんでした(この頃のホンダ車はすぐにクリアが抜けてた)

まあ、理想は屋根付きガレージに屋内保管がベストなんですけどね(^^;
ちなみに、タンク内の錆び防止にガソリンは常に満タン、エンジンオイルは自然酸化し難いフルシンセティックを奢っています。
たまに動かす際は、エアコンのコンプレッサーから4WDシステムまで、全て動作チェックも欠かしません。
普段手元に無くても、愛車には最大限出来る事をしたいですもんね。

それにしても、ジムニーの運転は楽しー(・∀・)イイ!!
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-14 22:26 |

日々徒然

f0009439_1917851.jpg
新しい千葉県知事の森田健作氏は、成田と羽田間をリニアモーターカーで繫ぐ構想を練っているとか、いないとか。
個人的には数年以内に実現させて、料金も片道1500円以下だったら大歓迎なんですが
まあ、現実問題、そんなのはたとえ県知事を2期8年勤めたとしても無理な話だと思います。

そんな政治家のプロパガンダ的夢物語は置いといて
成田-羽田(正確には蒲田)間のJRと私鉄(京成&都営浅草&京急)の路線をGPSでトレースしてみました(はいはい、そのこアナタ!ヒマ人って言わない!)

青いラインがJR、赤いラインが私鉄(京成&都営浅草&京急)となります。
途中、地下を通るラインは真っ直ぐな線になっていますが、おおよそこんな感じかと。
こうして見るとJRの方は千葉周りで走るせいか、えらく遠回りしてますね。
つーか、もっとこうスパーッっと真っ直ぐ走ってるかと思ってたYO(;´Д`)

そこで登場するのが、最近、着々と線路を延ばしつつある北総線。
延長工事が終われば、成田から白井を通って、松戸の南の方から京成の高砂に接続する訳ですが、見た感じ他2路線から比べると効率良く路線が引かれていますね。
2010年4月には成田新高速鉄道に接続し、成田空港まで直通運転する予定らしいです。
ただね~・・・北総線って運賃高けーんだよなぁ・・・
成田-羽田間2000円以上とか平気で言いそうな予感・・・そんなの乗れないっすorz

個人的には電車よりも、成田-羽田間にフラットで安全な自転車道造ってくれれば、毎回自転車で帰るゾ!もちろん料金はタダで(^^;
距離的には75km前後だし、全然射程圏内でしょ。
これならリニア引くより金も掛からないし、現実的だと思うんですが・・・
どーっすかね?なんちゃって無所属の森田知事(コラ^^;)
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-14 20:12 | その他

只今

f0009439_138819.jpg性懲りも無くサドル物色中(^^;
あまりにも有名で、あまりにも評価の高い
コレ
なんかどーかな?
と、思う今日此の頃です。

吉と出るか、凶と出るか?
結果はまたその内・・・
あ、みんな大好き英国のサイトって手も。
GPSよりは安いしぃ~。
[PR]
by hiro-kousaka | 2009-04-11 02:03 | 自転車
line

|・ω・)つ 銀塩再起動中


by hiro-kousaka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30