Lightweight Blog

cyber1991.exblog.jp ブログトップ

最後のオチ

でもって、飛行機で直に成田まで帰って来たわけですが
行きに車を置いて行った整備地区まで戻らないといけません。
で、某航空会社のビルの前で従業員用の循環バスに乗ったんですよ。
で、で、いざバスが動き出して「あーやっと帰って来た」と思った瞬間
ガッシャーン!とデカイ音が。

音のあったビルのゲートの辺りを見たら、ステップワゴンとクライスラーのPTクルーザーが見事に事故ってるではないですか。
両車輌共エアバック全開のフロント大破。
PTクルーザーに至っては、ラヂエーターからの水蒸気で白煙を吹いてます。
完璧に出口を塞がれた循環バス、出られません。

仕方が無いので様子を見ていたら、PTクルーザーを運転していた若いお兄さん
相当動揺していたらしく、頭から血を流して慌てて降りてきました

エンジンを切らないで、エンジンを切らないで、エンジンを切らないで・・・・

「あっ!馬鹿!」
と、思った瞬間、炎上しましたよ>PTクルーザー
エンジンを切って、燃ポンさえ止めておけば、上手くすれば炎上を免れる可能性も高くなるし
たとえ炎上しても、その後の消火活動が楽になるのにね。
もっとも無理でしょうね、あの若さでPTクルーザーなんかコロがして喜んでるお兄さんにそこまで求めるのは。
なんかボーゼンと立ち尽くしてたし。

最近の国産車は、事故の際に自動的に燃料系をカットする機能が搭載されているので
そのお陰かどうかは分かりませんが、ステップワゴンはフロントが潰れただけで、特に何がどうと言う事は無かったんですが。
ドライバーも見た感じ無傷だったし。

結局、循環バスは荷物搬入用の裏口から出て、迂回して行きました。
やれやれ、飛行機が到着してから会社まで戻るのに1時間もかかっちゃったよ。
何となく此処3日間のオチが付いた感じ。

それにしてもあの事故、どーゆーシチュエーションだったんだろ?
[PR]
by hiro-kousaka | 2007-02-09 21:20 | その他
line

|・ω・)つ 銀塩再起動中


by hiro-kousaka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30