人気ブログランキング |

Lightweight Blog

cyber1991.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夜会ヲマケ

f0009439_21121316.jpg今回の夜会の会場である赤坂ACTシアター隣、TBSの本社ビル1階ロビーにて「夜会の軌跡」と言う名のステージ模型&写真展をやっています。
これは歴代14公演の夜会のステージを模型で再現したもので
前回の夜会大阪公演会場であるシアターBRAVA!で展示された物です。

f0009439_21223362.jpgこちらは「夜会VOL.7&VOL.9(再演)2/2(にぶんのに)」のステージアート。
旅行先のベトナムでお金も尽きて、リコンファームも忘れて日本へ帰れなくなった上田莉花(中島みゆき)が開き直ってメコン川を下るシーンですね(^^;
この「2/2(にぶんのに)」は映画にもなりました(観て無いんだ実は・・・)

f0009439_21325976.jpgこちらは復讐の為に殺してしまった相手が実は実の母親だった・・・という悲劇を描いた「夜会VOL.6シャングリラ」のメインステージのお屋敷です。
他にも色々あるんですが、全部載せると結構な量になるので
気になる方は赤坂のTBSへどーぞ(^^;

f0009439_21404614.jpgいやはや、流石に携帯カメラでの撮影はシンドイっす。
↓のACTシアターの画像なんか露出補正やホワイトバランス変えまくってるもんなー。
建物や展示物はサイバーショット使ってもイイんじゃないかい?

実は携帯に入れてたマイクロSD壊れちゃったんだよーん!
バックアップ全然取って無かったのにorz
by hiro-kousaka | 2008-11-27 21:50 | 舞台演劇

夜会VOL.15~夜物語~元祖・今晩屋

f0009439_16384237.jpgを、火曜日の夜に観に行ってまいりました。
今回の夜会森鴎外の山椒大夫をモチーフにしているとの事だったのですが、例によって変な先入観を持ちたく無かったのと、予備知識無しでストーリーに臨みたかったので、事前にその内容も登場人物も調べてはいません。

が、観劇した感想をなんと述べたらよろしいやら?
前半の第一幕終了時点で情けない事にストーリーもその展開も殆ど理解かりません。
休憩時間に周りからも「話が全然理解かんないんだけど・・・」との声があちらこちらから聞こえてきます。
今回は通常の夜会に比べても歌に対してセリフの比率が極端に少なく、少ないセリフ自体も本編の内容に深く関わっている感じでもありません。
と言って、初めて耳にする曲(最近の夜会は基本的に殆ど新曲で構成されてます)の歌詞を必死で追いますが、それでも「???」な部分が多過ぎて・・・

第一幕は昔(時代背景等は不明、でも原作は平安末期)を舞台に進みますが
第二幕からはいきなり現代(と思われる場所)で話が展開していきます。

どうも、第二幕の登場人物は第一幕の登場人物の生まれ変わりらしい・・・
第一幕でそれぞれ「罪や後悔の念」を持った人々が、第二幕の現世で再び出会い、最終的には前世での「罪や後悔の念」を許し合おう、みたいな感じ・・・なんだと思います、たぶん。

って、ホントにそうなのか?
もっと「深読み」しなければいけないのか?それともごく「単純」に考えていいのか?
それすら分かりません。
ただ、耳に残るのは「百九番目の除夜の鐘、鳴り始めたならどうなろか」の歌詞のみです。
その「百九番目」の煩悩は何を意味してたんでしょうね?
とりあえず、来週も観に行きますので、何とかしたいと思います。
私も色々たくさんの舞台を観てきましたが、ココまで難解なのは初めてです。
いや、本当に「難解」なのかすら分からないのが問題か?
みゆきさんがそんな単純なストーリー創るかなぁ?
ちなみにパンフレットは次回買うのでまだ手元にありません。

 ※追記 検索でお越しの皆さんへ
何かこのネタをアップしたら凄いアクセス数になったので注意書きっす。
私は今回の夜会でウェットスーツに消火器背負ってペタペタ歩いてた女優さんとは親戚ではありません。
でも、同じ苗字に末尾が同じ名の女優さんは大好きです、はい^^;

 ※※追記の追記
今更ながら「百九番目の除夜の鐘」の示すところは「人や自分を許せない心」ではないかと思い始めました。
これが鳴り止まない事には、この続きの「百と八つの悲しみ」が止まないのか、な・・・と。
う~ん、確信が持てない自分が情けないっす(^^;
今回の夜会は何時にも増して奥が深いですね。
もう1回観るけど、早くDVD発売しないかな~・・・
by hiro-kousaka | 2008-11-27 17:16 | 舞台演劇

最近の悩み事

ここ暫く自転車いぢりをしていませんが、実は此処半月程サドルを物色中です。
先日の大垂水ポタの時もなりましたが、痛いんですよ、ケツが(^^;
最初は自分がヘタレなせいだとばかり思っていましたが(まあ、それもあるけど)
調べると、やはり純正サドルでは限界を感じる人も多い様です。

F20‐Rの純正サドルはVELOの物が付いていますが、VELOたってピンからキリまであるので、やはり自分に合ったモノに交換するのは必須の様です。
調べてみるとセライタリアやサンマルコ、フィジーク辺りのイタリアンブランドが人気の様ですが、調べれば調べるほど何が何だか分からなくなってきます。

レーサーとコンフォートの中間位で、デザインも良くて、重さは200g前半以下で
出来れば値段も手頃なのを探して、「おっ、コレ良さそう」と言うのを見つけても、何処のショップも売り切れ状態。
それに、実際に現物を見て質感や大きさを確認しないと失敗しそうだしで
正直グッタリ疲れてきました(;´Д`)
自転車を自分の理想に仕上げるのって難しいっすね・・・
サイクルモードで発表された新製品が店頭に並ぶ頃にもう一度考えようかな?

ちなみにステムも交換予定。
純正品は60mmなので、80~90mmまで延長しようかと。
それと、純正品のハンドルクランプはボルト2本留めで、バーハンドルと違って負荷のかかり易いブルホーンではなんとなく頼りなくて(実際、締付けトルクが甘くて、走行中にハンドルが下がってきた事もありました)
でも、困った事にF20‐Rの純正クランプ径は25.4mmと、ロードではほぼ絶滅状態のサイズでして、MTB用ステムから選択する事になりそうです。
まったく、どーしてKHS純正部品のサイズって中途半端なのばっかなのか・・・
ちなみに08年モデルまでは29.2mmあったシートピラーも、09年モデルからは細身のモノ(たぶん27.2mm)に変更されたそーです。
わざわざシム噛ませて27.2mmのシートピラーに交換したワタシの努力は・・・orz
これでブレーキもシマノ製になって、チェーンリングもアルミの軽量なのになってたら、ワタしゃ立ち直れませんよ、ホント。

でも、こーやって考えて、考えて、考え抜いてイジるからこそ愛車に愛着が湧くってもんです。
そーです、そーに違いありません・・・サドルどーしよ~・・・
by hiro-kousaka | 2008-11-25 01:16 | 自転車

貰って微妙なモノ

f0009439_21465036.jpg6月に日引き続き、今回もまたサントリーBOSSの景品が当たりました。
カフェタンブラーに続き、今度はオリジナルのペン立て。
何となく微妙~・・・( ̄◇ ̄)
きっと、ノベルティマニアには堪らないんでしょうが。
何だか、無駄に運を消費してるのではないかと少し不安になるっす(-_-;)
by hiro-kousaka | 2008-11-22 22:04 | その他

☆☆☆

f0009439_20264943.jpg先日のBグルでの敗北も記憶に新しいところですが、今回、↓のDVDを買いに川崎へ行ったので、ラーメンシンフォニーへ雪辱を果たしに行ってきました。
入ったお店は店舗改装により長期休業中だった「駿河のラーメン大山」です。
注文したのは川崎店限定メニューで豚骨スープに桜エビのエビ脂を加えた「えびとん」に煮タマゴのトッピング。
ゴメンナサイ、今回、店内が満席状態でラーメンの画像は撮れませんでした。
言える事はリンク先のお店のサイト画像よりも本物の方がはるかに美味そうって事です。
でもって、出てきた「えびとん」は・・・
もう食べる前からスープのイイ香りがします。
なんつーか、エビ特有の甘~い香ばしい匂いとでも申しましょうか。
久々に食べる前からドキドキしましたよ、ワタシは(^^;
ではひと口・・・

コ、コレは美味い!美味過ぎる!(=◇=;)!!

やられました!瞬殺です!
マヂ美味い!凄げぇ美味い!超美味い!これ以上「何も言えね~」っすΣ(゚Д゚;)
今年に入って随分色んなお店でラーメン食べましたが、間違い無く本年度最強決定ですね。
とにかく豚骨スープとエビ脂のバランスが絶妙なんですよ。
麺も好みの細麺ストレート硬目だし、チャーシューも軟らかくサッパリしてるしで文句の付けようがありません。
これはぜひ、Bグル同盟のtokatsuさんにも味わって頂きたい逸品です。

てな訳で!リベンジ完了!m9(・∀・)ビクトリー
by hiro-kousaka | 2008-11-19 21:01 | その他

VOL.15の前にVOL.14

f0009439_18454919.jpg今月、来月は恒例の「中島みゆき・夜会VOL.15 ~夜物語~元祖・今晩屋」を控え出費は抑えなければいけないのですが
此処に来ていきなり2年前に上演された「夜会VOL.14 24時着00時発」がDVDとしてリリース。
当時のブログにも書いてましたが、前回の夜会はDVD化される予定は無いと言われ、全編を通した映像は残っていないものだとばかり思っていました。
なので、正直今回のDVD化はビックリ。
でも、まあ、もちろん、買う訳ですよ、発売日に(^^;
コレに関しては自転車以上に金に糸目は付けないモードなもんで(コラ!)

f0009439_199116.jpg感想は2年前に実際に観に行った際の記事がありますが、やはり何度見ても素晴らしいと思います。
夜会VOL.13で「24時着0時発」(タイトルは微妙に違います)の初出版を上演して、それ自体で既に完成度の高い作品だったのに、その2年後に夜会VOL.14「24時着00時発」をリファインさせて上演させる辺り、みゆきさんの拘りと言うか、執念深さというか^^;を感じますね。
そしてまた2年後にDVDでそれを確信するとは・・・4年越しで楽しめるって・・・
まあ、噂ではみゆきさん千秋楽の日でもダメ出しするって話ですし( ̄∇ ̄;)

ちなみに、このブログも過去の記事をちょこちょこっと書き直す事あるんですよ。
えっ、一緒にするな?ごもっともで御座います。
でも、こー言う感覚ってどんな事でも重要なんだと思います。
by hiro-kousaka | 2008-11-19 19:32 | 舞台演劇

永谷園とは関係ありません

f0009439_165110.jpg終電を逃してトボトボと歩いて帰った夜
ついつい、ふらふら~と入ってしまったラーメン屋のお茶漬けラーメンです。
シャケご飯が付いて600円(税込)
とりあえず何となくヘルシーそうだったのと、サッパリしたものが食べたかったので思わず注文。

スープは純粋なお茶ではなく、塩ベースにお茶の風味を付けた感じでした。
これに日本人の心“わさび”を入れて頂く訳ですが、わさび大好きな私としてはもちろん全量投入で期待も膨らみます。
ではひと口・・・こ、これは!

・・・マズッ!orz

此処でBグルネタを載せるようになって最大の敗北っす。
ベースの塩系スープに無理してお茶の風味を付けたもんだから、サッパリどころか逆にしつこさが強調されて、しかも麺とのマッチングも最低。
シャケご飯も妙に塩っ辛くて、食べてて舌がピリピリするし、試しにラーメンスープをかけてお茶漬け(風)にしてみたら、更にヘンチクリンな味わいになってしまいました。
お店の名誉の為にあえて店名は記載しませんが、こりゃマヂで不味いっすよ。
あー、これならマルタイ棒ラーメン4つ買った方が良かった(;´Д`)
by hiro-kousaka | 2008-11-17 01:27 | その他

Bグル(袋ラーメン編)

f0009439_2332986.jpg前にえびっちさんに「袋ラーメンのレポも」とのリクエストを頂いていたのでここでヒトツ。
九州福岡名物(なのか?)マルタイの棒ラーメンで御座います。
これはマヂで美味い(=◇=;)!!
細麺硬めの好きな私としましては、袋インスタントラーメンでは是最強!
サッ○ロ○番などメジャー系もコイツにはかないません!
いや!あえて言おう!
「下手なラーメン屋でラーメンを1杯食うくらいならマルタイ棒ラーメンを3杯食え!」
それ位美味いと思います(個人意見です)

残念なのはこの棒ラーメン、種類も結構出てるんですが、関東では売っているお店がまだまだ少ない!こちらの高級バージョンも食べたいんですが・・・
やはりネット通販で大人買いするしかないのか?(^^;

つーわけで、袋ラーメンレポは以上っす。
by hiro-kousaka | 2008-11-10 00:05 | その他

復刻版Bグル

f0009439_2145369.jpgこんなん食してみました。
赤いきつね発売30周年記念復刻版カップ天ぷらそば」っす。
赤いきつね以前の1975年に発売されたインスタント和風麺の復刻版ですね、なつかし~・・・
てのはウソ!
このデザインのカップ麺が売っていた記憶は流石に全然ありません(^^;ウマレテハイタンデスガ
でも、最近の派手な文字と配色で飾られたカップ麺のパッケージに比べたら、なんか素朴でイイ感じじゃありません?
こんな風にシンプルなパッケージの方が逆に「美味いんじゃないか?」って気にさせられます。

f0009439_21571171.jpgでもって中身はこんな感じ。
まさに正統派なインスタント麺のチープな出来栄えが素敵♪ やはりカップ麺はこーでなくちゃ(・∀・)
ただ、規定量のお湯を入れたんですが、流石にソバはラーメンに比べてお湯を吸いますね。
ちょっとツユが少なくなっちゃったいました(ノ∀`)
肝心の味は、まんまカップそばの王道を行く味っす。
(どーゆー味だ?)
なんつーか、素朴で懐かしい味を味わいたい人にお勧めです、はい。
by hiro-kousaka | 2008-11-08 22:22 | その他

プロフェッサーになれなかった男

巷では小室哲哉詐欺容疑で逮捕の話題で持ちきりですが、マスコミと言うのもいい加減なものですね。
全盛期には「日本を代表するアーティスト」だとか「天才ミュージシャン」だとかはやし立てて
いざ、こんな刑事事件になると、「消費者は彼の曲に飽きてる」とか「時代を読めなかった」とか言いたい放題。
もっとも私自身、小室哲哉に関してはTMネットワーク時代から「なーんかハイテンポなだけで単調な曲だな~」位の印象しか無く
好きか?と問われれば「別に」と答え、嫌いなの?と問われれば「興味無いし···」って感じのスタンスだったと思います。

印象があるとすれば、大学時代にコンビニでバイトしてる時に有線でかかっていた彼の曲を聴いたお客のアメリカ人に「HAHAHA!日本の歌は面白いな~」と意味不明な英単語の羅列の歌詞を大笑いされて、日本人としてめちゃめちゃ恥ずかしかった事くらいか?

もっとも、英語もどきの歌詞もかなり恥ずかしかったですが、雑誌や何かで目にする彼の書いた日本語の文章も幼稚でかなり恥ずかしかったような。
句読点の付け方はめちゃくちゃ、起承転結に基づいた文章構成なんて「何それ?」って感じで
読んでいてかなりイライラした記憶があります。

まあ、それでも一時期はミリオンセラーを連発してたんですから、決して才能が無いわけではないと思うんですが
やはり曲作りに対する向き合い方があまりにも商業的過ぎたのは失敗でしたね。

もう少し音楽に集中していれば、もう少しバブリィな生活を改めていれば、もう少し若い女の子を追いかけてばかりいなければ、もしかしたら教授こと坂本龍一の様に世界で認められていた···かも···しれないですね(まあ無理だと思うけど^^;)

あれ?なんか批判めいた文章になっちゃった。
まあイイや、どーでも。

ただ、今だから言える事は、銀行口座の残高6259円の彼に対して
「やーい!オレの方が金持ちだぞー!ヽ(´∀`)ノ」っと(しょーもな)
by hiro-kousaka | 2008-11-07 02:22 | その他
line

|・ω・)つ 銀塩再起動中


by hiro-kousaka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30